プロミス すぐ

プロミスで借りるキャッシングですぐお金が欲しい場合の手続き

消費者金融の返済負担はどうしても大きくなる

消費者金融のキャッシングは早さや手軽さに優れている反面で、返済にかかる負担がどうしても大きくなるというデメリット、欠点があります。金利が上限で18.0%などとなる場合が多いため、毎月の返済にかかる利息や最終的な支払い総額が大きくなりがちです。

 

金利を妥協してでも早くに手軽に借りたい方のためのサービスであるために仕方がありませんが、それでも消費者金融の返済負担は困る、借りた後でも負担を軽くしたいと考えるのであれば低金利への借り換えを利用するしかありません。

 

消費者金融大手のプロミスでは上限で実質年率17.8%、アコムで実質年率18.0%となる金利は、各種ローンと比べると大幅に高い水準です。借りる金額が数十万円までとなる場合がほとんどであるために金利負担は抑えられますが、借りた金額に対する利息の割合は大きくなってしまうので負担を減らしたいと考えるなら金利には注目をしなければなりません。

 

これは消費者金融のキャッシングに限らず、クレジットカードのキャッシング枠を利用する借り入れにも同様のことがいえます。クレジットカードのリボ払いとしてキャッシングを利用してしまうと負担が大きくなってしまい、次第に支払いが困難になるといった状況も出てきます。

その場合にはリボ払いからの借り換えを考えるべきであり、リボ払いの借り換え先として人気が高いオリックス銀行カードローンhttp://www.andos.info/を利用すれば、毎月の支払いの負担が減らせます。

 

消費者金融であれば店舗や契約機の利用で最短即日のカード発行が可能、クレジットカードにおいては契約後の少しの手続きでキャッシング枠が付けられるなど、高い金利での借り入れ自体はそこまで難しいものではありません。

 

しかし、だからといって余計な借り入れを重ねてしまうと負担が大きくなるので、無駄遣いでの借り入れは重ねるべきではありません。借りてしまった場合、返済の負担を軽くしたいと考える場合には、借り換えによる負担の軽い完済を目指すようにしてください。