プロミス すぐ

プロミスで借りるキャッシングですぐお金が欲しい場合の手続き

プロミスですぐ借りたい場合

お金が急に必要となりプロミスのキャッシングを利用する際には、とにかく早くにすぐに借りたいと考えるものです。最短即日での借り入れを希望するのはもちろん、できることなら午前中に申し込みをしたなら昼までになど、スピーディに借りたいと考える方も多いです。

 

今日に借りられるプロミス

 

プロミスは申し込み当日の借り入れに対応をしているので、その日のうちに借りることは可能です。早ければ最短1時間での融資となるので午前中の申し込みでそのまま午前中に借りることも可能で、午後であっても対応可能時間内である14時までの振り込み手続きが完了できれば、来店不要の銀行振り込みによる即日融資も可能です。

 

時間外となると振り込みでは対応ができませんが、プロミスの営業自体は22時までとなっているため、契約機で手続きを進めれば14時以降でも振り込みが行えない土日であっても当日中にプロミスで借りることができるようになっています。

 

より早くに借りたい場合には契約機での手続きが優れているともいえるので、振り込みではなく直接カードを受け取って素早く借りたいのであれば、まずはネットでプロミス公式サイトから申し込みを行い、完了次第で近くのプロミス契約コーナーまで行くと良いでしょう。

 

プロミスの基本情報

  • 【金利】実質年率4.5%~17.8%
  • 【限度額】1~500万円
  • 【審査時間】最短30分回答
  • 【融資時間】最短1時間融資

即日融資での借り入れとなると消費者金融が主となり、早い借り入れのためには多少の金利の妥協はどうしても必要となります。銀行の低金利カードローンを利用しつつの即日融資となると難しく、借りるまでにはどうしても少しの時間がかかってしまいます。

 

審査回答自体も最近の銀行カードローンは時間を要するようになってきており、少し前までのような最短数十分での回答や即日中の手続きは難しくなっています。銀行カードローンに対する締め付けが強くなっていることもあり、早くに銀行から借りるのは簡単ではないのです。

 

ただ、その分だけ銀行で借りるメリットはあります。借り入れ先によっては消費者金融よりも大幅に低くなる上限金利や大きくなる限度額、信頼性や手数料のサービスなど消費者金融にはない部分が銀行にはあります。

 

上限金利での契約となっても例えば消費者金融アコムでの契約時と比べると4%前後も金利が下がるカードローンも多いので、返済時の負担が軽減できます。

 

教育資金などのまとまったお金が必要なときにも、銀行カードローンは頼れます。人気のあるオリックス銀行カードローンhttp://www.speed-cardloan.com/で見てみると限度額は最高で800万円となっているので、仮に留学の費用が必要となっても契約限度額次第では対応が可能です。

続きを読む≫ 2017/09/25 09:33:25

消費者金融のキャッシングは早さや手軽さに優れている反面で、返済にかかる負担がどうしても大きくなるというデメリット、欠点があります。金利が上限で18.0%などとなる場合が多いため、毎月の返済にかかる利息や最終的な支払い総額が大きくなりがちです。

 

金利を妥協してでも早くに手軽に借りたい方のためのサービスであるために仕方がありませんが、それでも消費者金融の返済負担は困る、借りた後でも負担を軽くしたいと考えるのであれば低金利への借り換えを利用するしかありません。

 

消費者金融大手のプロミスでは上限で実質年率17.8%、アコムで実質年率18.0%となる金利は、各種ローンと比べると大幅に高い水準です。借りる金額が数十万円までとなる場合がほとんどであるために金利負担は抑えられますが、借りた金額に対する利息の割合は大きくなってしまうので負担を減らしたいと考えるなら金利には注目をしなければなりません。

 

これは消費者金融のキャッシングに限らず、クレジットカードのキャッシング枠を利用する借り入れにも同様のことがいえます。クレジットカードのリボ払いとしてキャッシングを利用してしまうと負担が大きくなってしまい、次第に支払いが困難になるといった状況も出てきます。

続きを読む≫ 2017/09/25 09:33:25

プロミスは消費者金融のキャッシングサービスでは最大手の一角となり、各種サービス面においても大変優れています。しかし、他にも消費者金融の大手サービスはあり、合わせて注目をしておきたいのがアコムです。

 

アコムはTVCMでもおなじみとなる誰もが知る大手消費者金融のカードローンキャッシングサービスで、来店不要のネット申し込みで最短30分の審査回答、審査回答後のWeb契約を行うと最短即日の最短1時間の融資時間ととにかく早さが魅力となります。

 

はじめてアコムを利用する方は契約の翌日から30日間が無利息となり、余計な利息負担が減らせるのも強みです。契約の翌日からとなるために契約当日に借りないと無利息期間を無駄にしてしまいますが、急ぎで必要であればその日のうちに借りる場合がほとんどであるため、実際には気にならない部分です。

 

土日に申し込みをしてその日に借りることも可能で、アコムは無人の契約機むじんくんを日本全国各地に設置をしているので、早くにカードを受け取りたい方も安心です。

 

まずは最短30分回答となるネットでの申し込みを行い、審査完了後に最寄のむじんくんまで行けば当日中にカードを受け取り、そのままアコムATMや提携ATMでお金が借りられます。

続きを読む≫ 2017/09/25 09:33:25

キャッシングの利用においては分からないことや困ったこと、相談をしたい状況などもどうしても出てくるものです。大事な重要なお金の貸し借りの契約となるキャッシングにおいては、そのあたりをしっかりと聞ける、確認ができるというのは大きなことです。

 

プロミスにおいてはその点はしっかりとしており、コールセンターで丁寧な回答が得られる他に、設置のある地域なら有人店舗のサービスプラザで担当者に直接の相談が行えるようになっています。

 

店舗の設置は一昔前と比べると少なくなっており、設置がされている地域も限定がされてしまいますが、東京都や大阪府、北海道、愛知県といった大きな都市圏には店舗となるサービスプラザが設置されています。

 

東京都内で見ればhttp://www.promise-kariru.com/tokyo/minato.htmlの通りに店舗の設置があり、平日は夕方までの営業、土日祝日は休業となってしまいますが、営業日の営業時間内なら相談や各種手続きが行えます。

 

プロミスでは通常のキャッシングの他にも借り換えとして使える、借りられるタイプのローンもありますが、借りたお金での借り換え以外であると店舗での手続きが必要となる場合もあります。その際には近くにプロミス店舗のサービスプラザがあると便利で助かるため、事前に設置があるかの確認をしておくのも良いことです。

続きを読む≫ 2017/09/25 09:33:25

プロミスでの早い借り方は主に二通りとなり、一つは来店不要となるWeb契約による銀行振り込み、もう一つは直接カードを受け取ってからのATMでの借り入れです。どちらも最短即日融資での対応が可能となっていますが、利用のための条件にはそれぞれで違いがあります。

 

来店不要となる銀行振り込みの場合には、銀行の営業日でないと通常の振り込み融資は利用ができません。プロミスでは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を22時までに登録できれば、24時間最短10秒振り込みの瞬フリが可能となっていますが、その他の金融機関宛の通常の振り込み融資は平日14時までの対応に限られます。

 

時間を過ぎてしまうと翌営業日の扱いとなってしまい、当日中には借りられません。仮に審査や契約がその日のうちに終わっているとしても、14時を1分でも過ぎてしまうと今日中の借り入れとはならない点に注意が必要です。

 

直接カードを受け取る手続きにおいては、店舗や契約機まで行かなければならない手間はありますが、遅いところであれば22時まで対応が可能となるので時間に縛られないのが大きなメリットです。振り込み融資を締め切っている14時以降であっても、22時までなら最短即日のカード受け取りも可能です。

 

受け取ったカードはプロミスATMの他、コンビニや金融機関の提携ATMでも利用ができるので、多くの場所で限度額内で素早く借りられます。カードを受け取る契約機も設置数を見るとプロミスは他の消費者金融よりも多くなっているので、近い契約機を使った手続きが可能です。

続きを読む≫ 2017/09/25 09:33:25